大阪市鶴見区 JR放出駅から徒歩1分の場所にあるジャズ喫茶
JAZZ喫茶 DEAR LORD <ディア・ロード>
~珈琲を飲みながら ゆったりとした時間を
         お過ごしください~


〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F
TEL:090-8141-7309 
 

 

 
 6月のカレンダー
  
 
 
 
 
 日
 月
 火
 水
 木
 金
 土
 
 1休
  2
 3休
 4  
 5
 6
  7
 8休
  9
 10休
11 
 12
 13
 14
 大阪ジャズ同好会
リスニング会
14:00〜17:30 参加自由
15休
 16
 17休
18 
 19
  20 
 21
関西ジャズソサエティー
例会リスニング会
14:00〜17:30のみ貸切です
(見学歓迎とのこと。)
 
 22休
  23 
  24休 
25
 26
 27北川真美(vo)LIVE!
野江直樹(g)武井努(ts)
19:00~ ¥1800
 28
 29休
 30
 
 
 
 
 
    
 6/30(火)
  土曜日は、北川真美さん(vo)武井努さん(ts)野江直樹さん(g)のライブを行いました。
 ディア・ロード初の武井さん(一見、野武士風)は、よく喋られる機嫌の良い、おしゃれな
 いでたちの方でした。ライブでは説得力のあるサックスを吹いてくれました。
  若手の頼れるギター奏者の野江さんは、新しいCDを出しました。録音も良く野江さんの
 いいギターが、又オルガン等も力が入ってるCDです。オリジナル曲もとてもいいです!
 そんな野江さんに注1※「ルイルイ~!」と、声が掛かりました。  
  「武井さんは、伴奏の時はバックで歌いやすく、ソロの時は素晴らしいテナーを聴かせて
 くれるんです。」と北川さんがライブ前に話してくれてましたが、その言葉が成程頷ける
 サックスでした。オープニングはそんな武井さんと野江さんのデュオから。
                  
    2曲目から北川さんが入って、‘スロー・ボート・トゥー・チャイナ’ ‘素敵なあなた’ ‘マンハッタン~
 ブロードウェイ’ ‘キエンセラ’等を披露。2ステージ目のアントニオ・カルロス・ジョビンの曲は北川さんの
 ムードにマッチしている曲だなと聴いていました。
  ‘セカンド・タイム・アラウンド’ では、武井さんのソロで始まり、説得性のあるサックス~喋りかけ
 るような(グっと来る)ソロが終わり、北川さんの歌が始まる~、ギターとサックスは歌に
 合うナと今更ながら思います。
  曲間に、北川さんの最近の出来事「深夜の浴室閉じ込められ事件」を話されましたが、
 初めて聞く方はどんなに想像力を働かせたことでしょう~。 「家、揺れてたで~。」と、
 寝ていたお母さんを起こすまで扉を揺さぶっていた北川さん(笑)、でも曲に入ればそんな
 エピソードを一蹴し、北川ワールドに戻します。
  お客様24名、大入りでした、ありがとうございました。
                  
                                  
   注1※「ルイルイ」とは、かつてのアイドル田川陽介の愛称。掛声を掛けたのはミス・エヴァンス(ジャズカフェ
  in文の里)の奥さんです。13日にミス・エヴァンスでライブをされた野江さんのことを田川陽介に似ていると
  陽介ファン(かどうか知らナイけど)の奥さんは、次回ディア・ロード・ライブでは「ルイルイ~!と声援を送る
  わねと約束したらしいです(知らンけど)。田川陽介なんぞ知らない世代の野江さんですが、あんな風に
  声を張って声援してくれたら、きっと嬉しかったでしょう。(ソウイウことにしときましょう)
 
                      
  
 

    お知らせ

  6月14日(日)
        大阪ジャズ同好会リスニング会 14:00~17:30 自由参加 ¥800                                                           (珈琲又はアルコール+お菓子・おつまみ付)  
     特集「もう1人のバップトランペッター~ファッツ・ナヴァロ」(寺本泰規)
      「バップ時代のトランペッターとして忘れることができない人に
      ファッツ・ナヴァロがいます。彼はディジー・ガレスピーと比べて
      よりメロディアスなフレーズと柔らかい音質を持っており、ガレスピーと
      クリフォード・ブラウンをつなぐトランペッターとしても知られています。
      しかしジャズファンの間ではあまり聴かれていないように思います。
      そこで次は彼のプレイに焦点を当てて、その魅力についてご紹介
      したいと思います。」
 
     新譜紹介(古川正孝氏)
     持ち寄り(「日本のジャズ」
        戦前から盛んであった日本のジャズは戦後になり花開きます。
        戦後のジャズの中でお気に入りの演奏があればご紹介ください。
          
 
 
 
 6月21日(日)
        関西ジャズソサェティ例会リスニング会14:30~17:00 
         14:00~17:30貸切         会費2000円(ドリンク2杯&おつまみ付)
     見学歓迎とのこと・お問い合わせ下さい
       「関西ジャズソサェティ」は、ジャズを楽しむことを目的に1998年に発足した私的 
      サークルです。毎月第3日曜の例会と会報発行を中心に、地道な活動を続けています。
      お気軽に体験参加してみてください。
 
          6月の例会テーマ「録音の優れているアルバム」
   
       ※関西ジャズソサェティは毎月会報誌を発行されています。今回で190号です。
      各回のテーマに沿って会員が持ち寄った曲・アルバムの紹介、ジャズに関する
          時事ネタ、ジャズ喫茶旅行記、ジャズとは離れた旅行記、映画・ミュージカル
          ネタに至るまで、各会員がなんの制約もなく、好き放題に書いておられますが、
          まとまっており、中身の濃いものとなっています。
                                           

  
 
 
  6月27日(土)19:00~
    北川真美(vo)野江直樹(g)武井努(ts)トリオによるライブを行います。
                                                       満席となりました。
   
    ディア・ロードではお馴染みの北川さん、今回はテナーサックスの武井努さんを
   お連れいただきました。楽しみです。ギターは野江直樹さん、北川さんが心を許す
   ギター奏者の一人!ディア・ロードは3回目です、よろしくおねがいします。