大阪市鶴見区 JR放出駅から徒歩1分の場所にあるジャズ喫茶
JAZZ喫茶 DEAR LORD <ディア・ロード>
~珈琲を飲みながら ゆったりとした時間を
         お過ごしください~


〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F
TEL:090-8141-7309 
 

 

 

   4月のカレンダー

  

 
日 
月 
火 
水 
木 
金 
土 
 
 
 
 
 
1       
3        
4  休
5  
6  休
7  
8       
10大阪ジャズ同好会
(自由参加)
  ¥800(1ドリンクおつま付)   
     14:00~17:00 
11 休
12 
13休 
14 
15       
16 
17        
18 休
19 
20休 
21 
22       
23 
24        
25 休
26 
27休 
28申し訳ありません
私用の為、開店が14時
となります。来店お待ちしています。
 
29 LIVE!
今西佑介(tb)野江直樹(g)   
19:00~ ¥1800
通常営業は17:30迄
なっています。 
30第5土曜
休み
 
 
5/1(日)  
  4月29日(金・祝)は今西佑介(tb)野江直樹(g)デュオライブを行いました。
1stステージ、共通の友人の光岡さんの曲や「ラ・メント」「フォー・ヘブンス・セーク」等、
今西さんと野江さんが選んだ素敵な曲を、今西さんのMCを挟みながら次々と演奏して
くれました。ディアロード初の生トロンボーンは素敵な音でした。

 今西さんのテクニックはもちろん、やさしく、深みあるトロンボーンとデュオで演奏して
いる(一年以上、毎月一回)野江さん。素晴らしいギターを今西トロンボーンに寄り添う
ように 合わせたり、野江さんカラーを出したり、「この器用者!」と言いたいくらいです。
1stステージ最後の曲はチャーリー・パーカーのテンポの速い「オーニソロジー」。
       

   ここで突然の告知です!11月12日(土)はディアロード5thライブとして今西セクステットを  
   お呼びしています。店の面積1/3がプレイヤー占有状態に なります。イメージしてみて
   下さい大変なことになります!無謀なライブのお願いを、すーっと受けてくれた今西さんです、
   プレイヤーの方々、お客様よろしくお願いします!

 
 2ndステージ1曲目はジョージ・ガーシュインの「Soon」。会話のようなかけ合いを
レアなトロンボーンとギターで! 2曲目はリクエストに応えてくれて、オリジナル曲の
「ピース・オブ・ケーク」。3曲目のデクスター・ゴードンの「フェンヤ」に至っては、 半音上げ
たり下げたりの臨時記号ありまくり(よくは知らんけど!)の 難しそうな曲を音を外さずに
吹きまくるという凄さをやってのける今西さんでした。この曲は今西さんの先生のスティーブ
・デイビス (リーダー作30枚参加作品200枚という売れっ子師匠)がよく演奏していた曲
だそうです。結成前夜のお二人の選曲中、野江さんが「フェンヤやろう」 今西さん:「何で!
何でその曲を?」とさらに意気投合したらしいです。
       

最後にJ.J.ジョンソンも演奏の「イェスタデイズ」を、ディアロードのライブ常連のS藤氏が
リクエストしました。今西さん:「2秒待って下さい!」。で、 やることを決断し、25秒の緻密な
打ち合わせを済ませた後、今西さんの「イェスタデイズ」第1声が鳴りました、素晴らしい曲と
なりライブを終えました。
  

 リハーサル後のことでした、今西さんが店に置いてある カーティス・フラーのサイン(コピーですが・・)を見て、「僕、彼が家に遊びに来いというので 訪問した事があるんです(留学中)。」日本からトロンボーンを勉強しにきた若者を気さくに家に招待し、語って(同じ話を何度も繰り返して (笑))くれたそうです。そんなエピソードを聞いて、カーティス・フラー(最近店でよくかける)に増々親近感を感じられたのでした。
   

 

 

 
 
    お知らせ 4月29日(金)19:00~ 今西佑介(tb) 野江直樹(g)ライブ決定! ¥1800
  
         ※通常営業は17:30迄となります。18:30開場です。
           ご了承下さい。
 
   今西佑介さん(tb)が、店ではお馴染みの野江直樹さん(g)とデュオで
   来てくれることになりました!ディアロード初、トロンボニスト登場。
 
                                   ありがとうございます。
                                   満席となりました。
    【今西佑介プロフィール】                 
 
      CHANGES TWO出演者紹介3 -今西佑介セクステット 
           1982年生まれ。  私立甲南中高在学時にブラスアンサンブル部入り、
          トロンボーンを始める。同中高に在学中、現アロー・ジャズ・オーケストラの
          リーダー、宗清洋氏に師事。  2004年に渡米、ハートフォード大学へ入学し、
          世界的に有名なジャズ・トロンボーン奏者、スティーブ・デイビス氏に師事する。  
          2008年に大学を卒業後に帰国、関西を拠点にプロとして音楽活動を開始する。
          2010年に今西佑介セクステットを立ち上げる。同グループで「CRISP」(2011)、
          「WAYFARER」(2012)「WEATHER」(2014)「METEOROLOGY」(2016)
          リリース。  現在関西を中心に音楽活動を行っている。
         CRISP   ウェイフェアラー   ウェザー  
 
        【野江直樹プロフィール】 
            「野江直樹」の画像検索結果   
            Guitarist.Composer 。幼少期にエレクトーン、15歳からギターを始め
      20歳の頃にはジャズ演奏をはじめている。
      2006年に自身初のリーダーアルバムをリリース、その頃から多くの有能な
      人材を有する関西ジャズギターシーンにおいても一つ抜けた若手として注目を
      集めながら着実に成長。正統派ジャズギターの流れをおさえながらも独自の
      清新な音色とフレージングで誰もを魅了するスタイルを築き様々なシーンで活躍
      している。2015年春2ndリーダーアルバムをリリース。
 
 
 
 
    お知らせ 4月10日(日) 大阪ジャズ同好会リスニング会 14:00~17:00
 
  特集:「モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)」(浦谷敏行氏)
 
  新譜紹介: 古川正孝氏                                    終了しました
 
  持ち寄り: 「私の好きなギタリスト」
          昔はリズム楽器だったギターですが、チャーリー・クリスチャン以降
          ソロ楽器として確立しました。現在に至る長い歴史の中で皆さんの
          お好きなギタリストをご紹介下さい。
                                     主催者:寺本泰規
  参加費:  800円(1ドリンク+おつまみ又はお菓子)