大阪市鶴見区 JR放出駅から徒歩1分の場所にあるジャズ喫茶
JAZZ喫茶 DEAR LORD <ディア・ロード>
~珈琲を飲みながら ゆったりとした時間を
         お過ごしください~


〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F
TEL:090-8141-7309 
 

 

  2016 11月のカレンダー

  

 
 日
 月
 火
 水
 木
 金
 土
 
 
2 休
7 休
9 休
10 
11 
12DEAR LORD
 5周年記念LIVE今西セクステット
   開場18:00 開演19:00
   ¥2500
 
 
13 
14休 
15 
16休 
17 
18
19
20
 関西ジャズソサェティ例会
14:30~17:00
見学可
¥2000(2ドリンク1プレート他付)
 
 
 
21休 
22 
23休 
24 
25 
26 
27  
28休 
29 
30休 
 
 
 
 
 
 
 
    お知らせ 11月20日(日)通常営業は12:00~14:00  17:30~20:00となります
                                                           ご了承ください。
 11月20日(日)
  関西ジャズソサェティがレコード&CDリスニングの会」(例会)を主催します。
 
  日時:11月20日(日) 14:30~17:00  会費¥2000(2ドリンク+1プレート他付)
 
 場所:ディアロ-ド
  特集テーマ:「やっぱりマイルスはすごい! 」
 
   ※見学歓迎とのことです!
    
 
 
 11月13日(日)
  昨日は今西セクステットライブを催させていただきました。
 6人のプレーヤーが来てくれるのは初めて。お客様もこれまでにない人数が来場。
 (その為事前にテーブルは取っ払い、椅子を30用意しました。)スタッフ4人のスローガンは
 「落ち着いていこナ~」でした。
                   
  1曲目‘タッチ・オブ・スプリング’。CD「METEOROLOGY」の1曲目で始まりました。迫力あり
 ます。ディアロードのこじんまりした店で3管が揃っている6人編成でやってくれる~夢の
 ようです。2曲目‘ストロング・イン・ザ・レイン’。これも「METEO~」からです。宮沢賢治の
 ‘雨ニモマケズ~’の詩が好きな彼がイメージして作曲したもの。!
 
  今西「オリジナルが続きますが~」、メンバー「ほとんど、そうやん!」メンバー「そういう
  バンドやん!」、と突っ込まれながら、今西「僕、趣味が作曲なんです。それを発表する
  場が欲しいと思って、今西セクステットを組んだんです」よく分かりました、5年以上続く
  バンドメンバーの醸し出すイイ雰囲気も。
  次の曲はメンバーの一人サックスの當村さんにあてて、今西さんが作曲。「どんな事を
 考えてる人ナンカナー?全然そっち系ではないです!(と、キッパリ)」顔を赤らめる當村さん。
 そのミステリアスな彼をイメージした素敵な曲でした、タイトルは考え中だそうです。
  その本人當村さんのサックスは、静かに入っていって徐々に盛り上げるタイプの、
 魅かれてしまうサックスです、これホントです。
  セクステットの3管とベース、ドラム、ピアノは、ディアロードにこれまでにない音量で
 新鮮な迫力でした。又3管のコーラスがとても心地よく聴けました。
 
  ドラムの弦牧さんは、「え?これだけ?」と今西さんが驚く、ちんまりしたドラムセットで
 来てくれましたが、最初から最後まで、気を抜くことなく、目いっぱい頑張ってくれました。
  ベースの光岡さんは「おしゃれ番長」という紹介の通り、リハーサルで入って来られた時
 から「イイ香りのしそうな」雰囲気を放たれていました!光岡さんのベースがないといけ
 ないセクステットです。
  ピアノは加納さんのかわりに助っ人永田有吾さん。前回来て頂いた時もただ者でない
 雰囲気でしたが、さらにパワーアップしました。来月、会社勤めを辞め、ピアノ一筋でと
 決めた永田さんです(12月横尾さんと来てくれます)。
  そして、トランペットはディアロードでは毎年12月に出演してくれる横尾さん(今年も12/18
 日曜に演奏しに来てくれます。4名で)彼は今西さんと一番多く共演してるプレーヤで、他にも
 「ハード・バップ研究会バンド」であちらこちらで活躍しています。昨日もヒャーッと言いたく
 なるくらい吹いてくれました。
         
    セカンドステージでは、光岡さん作曲の‘ブロマンス・ブギー(仲のメチャクチャいい友という
 意味)’。お客さんのフェイスブックからのリクエスト‘ピース・オブ・ケーク’(朝飯前~楽勝
 の意味)‘ローズ・ガーデン’今西さんの先生スティーブ・デイビスがピアノのビリー・スト
 レイホーン※1が、アメリカのバラ園・エリザベスパークを歩いてる光景をイメージしての
 作曲です。等々の説明で、曲の雰囲気やイメージを楽しめました。
     最後の曲は今西アレンジの‘ジョージア・オン・マイ・マインド’。
   最初から最後まで今西さんの魅力をたっぷり味わえ、アンコール曲は50年代
 頑張っていたハード・バップのサックス奏者ハンク・モブレーの「ソウル・ステーション」から
 ‘This I dig of you ’。4バースや8バースを交え徐々に盛り上げていくところが絶妙でした。
     今回のライブでさらに嬉しかったことがあります。なんと若い学生さん(兵庫県立大学)
 が5人もライブを聴きにきてくれました。他に初来店の女性がお二人も。今西セクステット
 さんに感謝します!
           
 ※1ビリー・ストレイホーン:デューク・エリントンとの共同作業をよくしていた。「A列車で行こう」「ラッシュ・ライフ」
    「サテン・ドール」などの曲を手掛けたピアニスト。
  
 
 
    お知らせ 
    
   11月12日(土)は 19:00からライブがありますので、通常営業は16:00迄とさせて
   いただきます。申し訳ありません。ご了承下さい。
                                                                                        終了しました
 
 
     お知らせ 11月12日(土)DEAR LORD 5周年記念LIVE 
  
      DEAR LORDは今年11月まで丸5年、営業を続けることが出来ました。
      これもひとえに、お客様のおかげです。
      そこで、11月12日は5周年記念として、今西セクステットにライブを
      行ってもらうことにしました。
 
      たくさんの方に来ていただけるよう、その日はテーブルなし、コップ片手に
      演奏を楽しんでください。申し訳ありません!ライブ前又は休憩時にドリンク
      タイム・珈琲タイムをもうけています、ゆっくり飲んでください。
      赤ワインをお安く提供します。無料おつまみもあります。
      ご来店お待ちしております。
 
 
      
       日時  :11月12日
    場所  :DEAR LORD
    時間  :18:00開場19:00開演   (通常営業は16:00迄)
    料金  :¥2500(今回のみ、チケットを9月11日より店にて販売)
    出演者 :今西セクステット :今西佑介(tb) 横尾昌二郎(tp) 當村邦明(ts)
                                         永田有吾(p)  光岡尚紀(b) 弦牧潔(ds)
 
      
                                            終了しました