大阪市鶴見区 JR放出駅から徒歩1分の場所にあるジャズ喫茶
JAZZ喫茶 DEAR LORD <ディア・ロード>
~珈琲を飲みながら ゆったりとした時間を
         お過ごしください~


〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F
TEL:090-8141-7309 
 
 
2018 1/18 Dollar Brand ‘African Piano’
   Recorded Oct.22 1969
   Dollar Brand(p)
1.Bra Joe from Kilimanjaro 
2.Selby that The etarnal spirit is
   the only reality
3.The moon  4.Xaba  5.Sunset in blue 6.Kippy
7.Jabulani-easter joy  8.Tintiyana
               
南アフリカ出身のダラー・ブランドは、他のジャズ
・ピアニストとは一線を画したスタイルの持ち主。
本作はドイツのレーベルから発表された、デンマーク
でのソロ・ピアノ・ライヴを収録したアルバム。
独創性の高い音楽だ。
    (CDジャーナル データベースより)
 
 
1/20 Lionel Hampton ‘Flying home’
 Recorded 1954&1955
 Lionel Hampton(vbs) Oscar Peterson(p)
   Ray Brown(b) Buddy Rich(dr)
   Buddy de Franco(cl)
   1.Flying home  1.Dinah 2.This can't be love
                         
 1939年にアメリカ合衆国で作られたスウィング・ジャズの楽曲。
れる、32小節の AABA 構成のジャズの楽曲で、作曲は、
共作。伝説では、ハンプトンが初めて飛行機に乗ったとき
待たされる間にイライラしながら吹いていた口笛の旋律が
この曲に発展したとされている。初録音は、1939年
ベニー・グッドマン・セクステットによるもので、ハンプトンと
チャーリー・クリスチャンのソロがフィーチャーされている。
その後、いくつかのグループがこの曲を録音したが、
その中で最も有名なのは、イリノイ・ジャケー のソロを
フィーチャーした、ライオネル・ハンプトンとその楽団に
よる1942年の活気に満ちた演奏である。

 

 
 
2/6(火)John Scofield ‘Quiet’ 
  Recorded Apr.1996
  John Scofield(g) Wayne Shorter(ts)
    Stee Swallow(b) Bill Stewart(ds)
    Duduka Da Fonseca(ds)
                
1.After the fact  2.Tulle 3.Away with words
4.Hold that thought  5.Door#3  6.Bedside
manner  7.Rolf and the Gang 8.But for loe
9.3 Natures 10.Away
            
 
 
 
2/13(木)Miles Davis ‘Nefertiti’
 Recorded 1967
 Miles Davis(tp) Wayne Shorter(ts)
  Herbie Hancock(p) RonCarter(b)
  Tony Williams(ds)
 
1.Nefertiti  2.Fall  3.Hand Jive
1.Madness 2.Riot 3.Pinocchio
              
  何度聴いても、新たな発見のある、真の名盤だ。
ショーター,ハンコック,ロン,トニーを従えた、いわ
ゆる第二期黄金クインテットのアルバム(四枚あり
ます)は、どれも必聴。マイルスとショーターが、
同じメロディーを吹き続け、リズム三人がアドリブ
をとる、というタイトル曲①の、そのアイディアが
凄い。かなりの集中力が必要とはされるが、聴く
たびに、意識を向ける楽器を変えてみると、より分か
りやすいかも。全体的にピリピリとした緊張感が漂い、
誰一人として無駄な音を出していない。ハンコックが
まるっきり弾かない時間もある。トニーのシンバル・
ワークだけで、そこいらのドラマーを一蹴できる。
50年代のマイルスもいい、70年代も最高だ。
しかし純音楽的に見た時、最も充実していたのは、
この時期ではないか。そう思わせるだけの力を持っ
た作品だ。(Amazon brightnoise レビュー)

 

 
2/16(金)John Coltrane ‘Lush Life’
 Recorded 1957,1958
A:John Coltrane(ts)Earl May(b)Arthur Taylor(ds)
B:John Coltrane(ts)Donald Byrd(tp)Red Garland
(p)Paul Chambers(b)Louis Hayes(ds)Al Heath(ds)
 1.Like someone in love  2.I love you 
 3.Trane's slow blues
 1.Lush Life  2.I hear a rhapsody
              
  アルバムの録音は57年5月から58年1月にまたが
っているので、この期間にかけてのコルトレーンの
成長ぶりが窺うことができる。というのは、彼は
決して停滞していることのなかったミュージシャン
であり、特に50年代の後半は日を追うごとに成長し
て、確固たるスタイルを築き上げていった重要な
時間に当たっているからである。マイルスが映画
‘死刑台~’のサウンド・トラック録音の為にパリへ
行ってしまうと、コルトレーンはニューヨークで
セロニアス・モンクのグループに参加した。モンク
と演奏できたことはコルトレーンにとって、マイル
スとの出逢いと同じ位に重要で、それ故に57年と
いう年はコルトレーンを研究するうえに、おおきな
意味をもってくるのである。~~(解説:岡崎正通)
 
 
 
2/20(火)Sonny Rollins ‘Sonny Rollins vol.2 ’
 Recorded
 J.J.Johnson(tb)  Sonny Rollins(ts)
 Horace Silver(p)  Thelonious Monk(p)
 Paul Chambers(b)  Art Blakey(ds)
 1.Why don't I  2.Wail March  3.Misterioso
 1.Reflections  2.You stepped out of a dream
 3.Poor butterfly
       
 ブルーノート盤「ソニー・ロリンズ第2集」は1950年代
を通じての名盤のひとつである。と私は確信している。  
ソニー・ロリンズは無論のこと、共演者のすべてが実力
をあますところなく出し切っているからである。そういう
ことはあまりなくて、たいていの場合は誰か 一人や二人、
気分の乗らぬメンバーがいて、全体の 締まりをなくして
しまうものだ。ここでは全員がベスト・コンディションに
あるばかり でなく、それが相乗作用をなして、一曲一曲
を無上の 名演に仕上げている感じである。セロニアス・
モンクが2曲に参加していることも、 このアルバムの
価値を更に高めているし、特に 「ミステリオーソ」に
於いてはモンクとホレス・ シルバーが一台のピアノを
途中で交代してそれぞれソロをとっている。 これなど
はコレクターズ・アイテムの最たるものであろう。   
                    解説:油井正一
 
 
 
2/27(火)J.J.Jhonson ‘J.J.in Person!’
 Recorded 1958 Feb.19
 J.J.Johnson(tb) Nat Adderley(cor)
 Tommy Flanagan(p) Wilbur Little(b)
 Albert Heath(ds)
 1.Tune up  2.Laura  3.Walkin'
 4.What is this things called love?
 1.Misterioso  2.My old flame
 3.Now's the time
         
  キャンパスでのモダン・ジャズ・コンサートというと、
真っ先にデイブ・ブルーベックが頭に浮かんでくるが、
J.J.Jhonsonクインテットのカレッジ・コンサートは、
著名なジャズ・ライターであるチャールズ・エドワード・
スミスの企画によって行われることになった。鑑賞の
ための音楽であるモダン・ジャズが大学の構内で演奏
されるということは、60年代に入ってからは頻繁に
みられるようになった。一般のクラブでは演奏を拒否
されてしまうような実験的な演奏も、聴衆に若い熱心
な学生を迎えて、それなりの成果を収めるようになっ
たが50年代のカレッジ・コンサートというのは、デイブ・
ブルーベックを例外として、あまり見られないようだ。
そんな事もあって、心なしかJ.J.Jhonsonクインテット
のサウンドが、のびのびとした明るさをもって響くこの
コンサートは、58年2.19にオハイオ大学で行われた
ものである。~~      解説:岡崎正通
 
 
 
 
3/2(木)Horace Silver ‘Six pieces of Silver’
  Recorded Nov.10 1956
  Donald Byrd(tp) Hank Mobley(ts)
  Horace Silver(p) Doug Watkins(b)
  Louis Hayes(ds)
  1.Cool eyes  2.Shirl  3.Camouflage
  4.Enchantment  1.Senor blues
  2.Vergo  3.For heaven's sake 
       
 
 
 
3/6(火)今西佑介‘Boneology’ 
 Recorded 2017 
 今西佑介(tb)  中山雄貴(tb)  柳原由佳(p)
 畠山令(b)  斎藤洋平(ds)
 1.Seventh Line  2.Night Scene 3.Smile maker
 4.369 Capitol Ave  5.Gliding Flight  6.Hermit 
 7.Way Back  8.Run Through  9.Bye Bye black
 bird
            
 
 
 
 
3/15(木)‘Stan Getz and Oscar Peterson trio’
  Recorded Oct.10 1957
Stan Getz(ts) Oscar Peterson(p)Herb Ellis(g)
Ray Brown(b)
1.I want to be happy  2.Pennies from heaven
3.Ballad medley~Bewitched,I don't know
why I just to~How long has this been going
on~I can't get started~Polka dots and moon
beams  4.I'm glad there is you 5.Tour's end
6.I was doing all right  7.Bronx blues
8.Three little words  9.Detour ahead  
10.Sunday  11.Blues for Herky 
                
 
 
 
3/20(火)Chet Baker ‘It Could happen to you’
             Recorded 1958
Chet Baker(tp,vo) Kenny Drew(p)
George Morrow(b) Sam Jones(b)
Philly Joe Jones(ds) Danny Richmond(ds)
 
1.Do it hte hard way  2.I'm old fashioned
3.You're driving me crazy 
4.It could happen to you
5.My heart stood still 
1.The more I see you
2.Everything happens to me
3.Dancing on the Celing
4.How long has this been going on 
5.Old devil moon
            
  
 
 
 
 3/23(金)Bill Evans
              ‘Sunday at the Village Vanguard ’  
              Recorded  Jun.25 1961  
 Bill Evans(p)Scoott Lafaro(b)Paul Motian(ds)
1.Gloria's step  2.My man's gone now 3.Solar
1.Alice in wonderland  2.All of you 
3.Jade visions        
            
 
 
 
3/27(火)Art Pepper‘Modern Jazz Classics’
       Recorded Mar.28 1959
Art Petter(tp) Pete Candoli(tp)
Jack Sheldon(tp) Dick Nash(tb)
Bob Enevoldsen(ts,val.tb)
Vince de Rosa(f.horn)Herb Flory(bs)
Russ Freeman(p) Joe Mondragon(b)
Mel Lewis(ds)
 
1.Move  2.Groovin' high  3.Opus de funk
4.Four brothers  5.Shawnuff
1.Bernie's tune  2.Walkin' shoes
3.Anthropology  4.Airenin  5.Donna
           
 
 
 
 
3/30(金)Nicholas Payton‘Nick @ night’
             Recorded May 18~20 1999
Nicholas Payton(tp,flg)Tim Warfield(ss,ts)
Anthony Wonsey(p,harpsichord,celeste)
 
1.Beyond the stars  2.Captain crunch
3.Faith  4.Pleasant dreams  5.Interlude#1
6.Nick @ night  7.Somnia  8.Interlude#2
9.Prince of the night  10.Blacker black's
revengee  11.Little angel
12.Exquisite tenderness 13.Sun Goddess
           
 
 
 
 
4/5(木)Charlier /Sourisse ‘eleven blues’
           Recorded 2004
Andre Charlier(ds,per)   Benoit Sourisse(p)
Jean-Marie Ecay(g)  Kenny Garret(as)
Claude Egea(tp)  Damien Verherve(tb)
 
1.Congo square  2.Way back home 
3.Meeting at douglaston
4.Mingus street blues  5.Singin' drum
6.Tribute to mister H. 7.Couleurs nuit
8.Celebration station
9.Two and four driving
10.Used to be a waltz
11.La seconde danse 
           
 

〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3-20-21コンビビル4F

TEL:090-8141-7309


 営業時間


  12:00~20:00
休日:月・水・第5土日