大阪市鶴見区 JR放出駅から徒歩1分の場所にあるジャズ喫茶
JAZZ喫茶 DEAR LORD <ディア・ロード>
~珈琲を飲みながら ゆったりとした時間を
         お過ごしください~


〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F
TEL:090-8141-7309 
 

2022 11月カレンダー

  
 定休日:日・月・水  営業時間:13ー19時 TEL:090-8141-7309  
  
 日 月火 水  木金  土
  1 2休 3  4 5 
6 LIVE!ゴルソンスピリッツ
里村稔(ts)今西佑介(tb)加納新吾(p)
時安吉宏(b)今岡稜太(ds)14時¥2500  
7休 8 9休 10 11休 12休 
13休 
14休 15 16休 17 18  19
20休 21休22 
23休
Jazz Calabash 
24   25 26   
27休
28休 29 30休 31    
 
 

11/6(日)ゴルソンスピリッツ  14時~ ¥2500

里村稔(ts)今西佑介(tb)加納新吾(p)時安吉宏(b)今岡稜太(ds)

 
 
 
 今西佑介 (@YusukeImanishi) / Twitter 今西佑介がLY-Lを試奏 | トロンボーン | サックス&ブラス・マガジン
今西佑介
1982年生まれ。神戸育ち。
中二の時にブラスバンド部に入りトロンボーンをはじめる。中高生の間、宗清洋氏に師事。
甲南大学に進学後、独学でアドリブの勉強を始め、友人達とFive Brothersというバンドを立ち上げコンボでの活動を開始する。
大ファンだったSteve Davis氏からジャズを学ぶため、2004年に渡米。
2008年、ハートフォード大学を卒業し帰国。プロとして活動を開始する。
2010年、自身のリーダーバンド、今西佑介セクステットを立ち上げ、
2011年にJAZZ LAB. RECORDSよりデビューアルバム「CRISP」をリリース。

その後「WAYFARER」(2012)「WEATHER」(2014)とコンスタントに作品を発表。
2016年、自身のレーベル、NO BORDER RECORDSを立ち上げ、同レーベルより4thアルバム「METEOROLOGY」(2016)、5thアルバム「PORTRAIT」(2018)、トロンボニスト中山雄貴との双頭バンドBONEOLOGYの1st CD「INTRODUCING」(2017)をリリース。
他に、ギタリスト野江直樹とのデュオでの活動、Words Of Forest、Shojiro Yokoo & his Big Band、生島裕文ビッグバンド、ハードバップ研究会などのバンドに参加し、精力的に演奏活動を行う側、レッスンなどを通し後進の育成にも力を入れている。誰かみたいではない自分らしい音楽を追求している。
  里村 稔 QUARTET☆江古田そるとぴーなつライブ - Jazz-Rambler
里村稔
12歳頃に兄弟の影響でジャズやフュージョンを聞き始め、アルトサックスを始める。
大学に進学し、本格的にジャズに取り組みテナーに転向。独学でジャズを学ぶ。
主にビッグバンドで活動。コンテストで様々な賞を受賞。その後コンボの活動に力を入れはじめ、関西のライブハウスを中心に様々なジャンルで活躍。
98年には大阪のグローバルジャズオーケストラとアメリカ西海岸のモンタレージャズフェスに参加

フュージョンユニットBLACK CANDY参加時には韓国ツアーを年二回行ったりと活動の場を海外にもひろげている。 これまでケニーワシントン、ルイスナッシュ、クリフトン・アンダーソン、ボビー・シュー、ビル・ワトラス、渡辺貞夫、村上ポンタ秀一、岩瀬立飛、東原力哉、原大力、多田誠司、MALTAなど内外の有名アーティストと共演。
現在、ビッグバンド、ジャズと講談のコラボレーションなど様々なスタイルで活動中。
 
レッスン紹介 加納 新吾(SHINGO KANO) |アカペラスタジオ 天王寺店 ... 京都市北区 | JAZZ | カジュアルレストラン陽 | ジャズ | 京都府 ...

加納新吾(p) 
1986年11月20日 大阪市生まれ。 6歳よりクラシックピアノを始める。
中学、高校ではギターに興味をもち、ポップスやロックに没頭する。
大阪芸術大学音楽学科ポピュラー音楽コースに入学、ジャズに傾倒。 同大学にて関西を代表するジャズピアニスト近秀樹氏に師事する。 在学中より演奏活動を開始。
2009年 ジュリアード音楽院ジャズワークショップに参加。
2012年 デビューアルバム SHINGO KANO「PRECIOUS」をJAZZ LAB. RECORDSから全国発売。
2013年 第五回神戸ネクストジャズコンペティションにてグランプリ受賞。
2014年 ニューオーリンズフレンチクォータージャズフェスティバルに自己のグループで出演。 2016年 より約三年間ニューヨークへ渡米。現地の様々なミュージシャンとセッションを重ね、
2018年末帰国。現在自己のグループや様々なバンドにて活躍中。

 
 
時安吉宏さん 池田杏里さん : きばやん日記 日高憲男 (Norio Hidaka) | ティートックレコーズ
時安吉宏 
1978年兵庫県生まれ。大阪音楽大学ジャズ科卒業。 
高校時代にジャズバンド部でウッドベースを手にする。
音大在学中よりライブ活動を開始。京阪神を中心に、最近では全国的に活躍中。
ジャズのみならず、ポップスやゴスペルなどのサポート、また有線やCD作品、DVDなどの参加も多数。それ以外にも現代美術との競演など、オリジナリティーあふれるその活動は多岐に渡る
。国内外の有名ミュージシャンとの競演も多数。
 
今週のイブスケジュ-ル | 尼崎のリーズナブルなバー JAMMER(ジャマー) コンサートレポート | KOBEjazz.jp
今岡稜太
10歳の頃ジャズに興味を持ちドラムスを始める。
中学1年生からアロージャズオーケストラの中嶋俊夫氏に師事。
関西外国語大学Jazz研究会BEATsに所属する傍ら演奏活動を始める。
現在は関西のライブハウスを中心に活動中。